『秋土用特集』これで万全!土用特集「災難逃し、幸運ゲット!」

10月20日(水)13時28分「秋の土用期間」突入です!

今回の秋土用には5つの大事なポイントがあります。

  1. 土用入当日に満月
  2. 沖日2日・不成就日2日
  3. 天赦日あり
  4. 土用明け前日の新月
  5. 少ない間日

さらに最近発生している大きな地震。
例年以上に「地の氣」が揺らいでいるタイミングの土用入です。

秋土用はもともと神無月という、これまた「天の氣」がイレギュラーな状況です。

これらの点からも、慎重に過ごすべき時であると考えます。
ようやく緊急事態宣言が開け、ここから外出される機会も増えると思います。

災害への備えは常に頭に置いて行動することをおすすめします。

『秋土用特集』これで万全!土用特集「災難逃し、幸運ゲット!」


5つの大事のポイントをしっかり頭に入れ、行動すること。
秋土用の鬼門である「北西」方位にも注目。

また「秋の土用」という期間の意味を理解しておくことにつきます!

土用ってなんだっけ?復習しておこう!

土用は「捨てる」「別れる」「やめる」といった行動を起こしやすく、浄化力も抜群です。師走に向け今年の精算という意味でも利用しやすく、運を良い方向へ向けるための素敵なきっかけとなる期間です。上手にりようしましょう。

土用突入前にやっておきたいこと

やるかもリストをつくる

土用入当日に満月
沖日2日・不成就日2日
天赦日あり
土用明け前日の新月
少ない間日

やるかもリストを作成

さぁ手帳とにらめっこです。
決まっている予定を再確認。

さらに「もしかしたらやるかも!」といった事を思いつく限り書き出します。
付箋に書き、手帳に貼り付けるのもおすすめ。

細かい日付は決めなくてOK。
思いつく限り「やりそうな事」を書き出します。

それはなぜ?
土用期間は新しいチャレンジには邪魔が入りやすいこと。さらに感情が乱れるため、後悔することも多い。また人間件関係も難しくなるため、トラブル発生も増える傾向にあるから。

実際に驚くほどトラブルの小相談が増えます。
自分でもなぜこんな事をしちゃったのか。言っちゃったのか。別人になる瞬間があるようです。

やるかもリストはどう作る?

自分に問いかけます。

  • いらない「もの」は?
  • もうやりたくない「こと」は?
  • もういいかな。な「関係」は?

自分にとって良くないものは徹底的に遠ざけるチャンス!物を処分。終止符を打つ。などなど

■続いて新しいチャレンジを考えてみましょう。

  • これやるかも。
  • これやれたらやりたいな。
  • ここ行きたいな

頭に浮かんだこと全部書きだしておくとよいです。
「これはないよなー」と思うようなことこそ実は重要です。(やってしまうんですよ。なぜか)

大事な事が「2つ」あります。

  • 必ず手書きで。
  • 手帳(もしくはカレンダー)に、書き出すか、もしくは貼り付ける事

【必ず手書きで(理由)】
入力したものでは、パワー不足のようです。
こちらは実験済。

手書きで書いた事を土用中にトライ。
スムーズでした。

ところが、デジタル入力し、土用中にトライ。
なぜかトラブル発生。

たまたま?

おそる、おそる数個だけデジタル入力。
その後、4回トライ(春、夏、秋、冬の土用)

なぜかトラブルになる。
巻き込むはずのない人が、向こうから巻き込まれに来たり。

あぁ。とならないよう気をつけて!

土用中の「やるかもリスト」作成は、必ず手書きで書き出そう!

メモ用紙のままじゃダメ?(理由)

用紙を紛失したら。エネルギーが白紙に戻ります。
先ほど付箋利用はOKと書きましたが、しっかり貼り付け落とさないように。

これ痛感してます。思いついてメモ→なくす。これによりめんどうが重なりました。

土用中の「やるかもリスト」作成は、手帳、ノート、カレンダーなど紛失しないものを利用しよう!

用紙の種類やペンの種類。書き方には特に決まりはありません。書いた事が自分でわかればOKです。

土用には「やっちゃいけない」がある

土用中やってはいけないこと、積極的にやりたいこと

季節の変わり目であること
地の気が乱れること

気持ちが不安定になりやすいんです。

「土用の過ごし方」注意したい3つのパターン

「やるかもリスト」は、守りのリスト。土用中に見返すことで危険回避です。

気持ちのアップ・ダウンが激しくなります

気乗りしない予定はできるだけ組まずに。ゆっくり、のんびりをモットーにまいりましょ。

では続いて今回の「秋土用」5つのポイントについて解説していきます。

2021秋土用の傾向と5つのポイント


秋の土用は「冷める」「冷える」といったキーワードの元エネルギーが低下します。

10月の運気情報記事も参考にどうぞ。

「金の氣」が急激に強まります。
お金が引き寄せられる「金氣」だったら嬉しいところですが、ちょっと違うんですよね。

金の冷たさ
金の硬さ

さらに

水で固まり
火で溶ける

今年は夏から続く「火の氣」の強さと、2021年特有の「水の氣」の強さ。もともとこれらがぶつかリ合っているところに「土の氣」ですから。とても注意が必要です。

なかでも気をつけたいのは「災害」「人間関係」「健康」です。
災害は備えるしかできませんが、人間関係、健康は積極的に守ることができます。

人間関係

受け身の姿勢で、言動はひかえめに。相手を尊重。
土用中のいろいろは気にせず。

お相手も普通の状態ではありません。(エネルギーの影響で)
気にしないことが一番です。

健康については

体、内臓を冷やさないように。
1日の終りにゆっくりお湯につかり、のんびりする。

のどのダメージを受けやすい季節です。
のどあめを常備し、首まわりも温めるよう気を配りましょうね。

「5つのポイントについて

土用エネルギーがお休みの日でも、できれば大きく掘り起こすようなガーデニングは避け「地の氣」を静かに保った方が安全です。
繊細さんは感じ取りやすく、気持ちが乱れ、最悪うつっぽくなります。

土用入当日に満月

大安も重なっており、幸運のエネルギーがハイレベル。
そこに「土」の氣の乱れの影響が。

正直、人によりどう出るかわかりませんが、今日(9日)に感じた氣の波動からは、かなり難しいと感じています。

喜怒哀楽の感情のうち「楽」が強まる日。
一見すると良い感じがしますが、「楽」が強まると「やってしまえ」「大丈夫に決まってる」のように傾きやすく、その上おつきさまのエネルギーが夜に向かい高まり続けますから。

特に女性のみなさまはご注意を。
異性との関わりは少なめに。
できれば飲酒を控えたい1日です。

沖日2日・不成就日2日

沖の日は「23日」「26日」

31日は沖日ではありませんが同様に考えておいたほうがよさそうです。
注意日です。

沖=衝突。天地のエネルギーが激しくぶつかり合います。

こういった日は軸がずれます。
自分といった存在が揺らぐとういうか。

要するに「自分らしくない」ことをやっちゃいがち。
不安が増大したり。心配ごとが増えたりといった影響も受けます。

氣の迷いも起こりやすい。

いつもは決して口にしない言葉を言っちゃったり。
いつもは決してやらないことをやっちゃったり。

そこに他人が絡む可能性が高い。
トラブル発展へとつながりやすいです。

土用中の沖の日は、ふだん以上に慎重に過ごしましょうね。

さて。

26日は間日ですが、前日が一粒万倍日。次の日が天赦日。
幸運のエネルギーに挟まれているため、かなり天地の氣が乱れると読んでいます。

影響は、歯痛、頭痛などのキーンとした痛みといった体に感じる作用(もちろんまったくでない方の方が多いですが、弱っている方注意です)

天赦日あり

天赦は許しをいただける素敵なエネルギーです。
なかでも土用中の天赦日は、脱却・良い変化・私らしさを取り戻す力が強いです。

何かやめたいこと、切りたいご縁などがあるのならこのエネルギーを利用すると良いです。
ですが、別れを切り出したり、お相手にアプローチするには不向きであることも忘れずに。

自分の中で、人と関わらないところで行動を変えるなど。おひとりさま行動がおすすめです。
いつもとは違う行動を起こそうと考えているのなら、「やるかもリスト」に加えておくこともお忘れなく。

土用明け前日の新月

11月5日蠍座の新月です。
毒を持って毒を制す。

もしかしたらすごく面白い日になるかも!
こちらについてはもう少し近くなってから新月のエネルギーを読み込みお知らせしますね。

要注意日であることは変わりありません。
朝6時台に新月エネルギーがマックスになりますが、夜まで気を抜かず。

異性との関わりには注意が必要です。
合コンといった出会いの場に出かけるには不向きとお考えくださいね。

この日出会ったお相手も注意です。

少ない間日

26日、28日、30日。

少ない上に、10月に偏っています。
さらに26日は沖日、31日はハロウィンで難しいときてます。

純然たる間日は28日だけという、ハードな秋土用。

健康に気をつけ、新しい出会いは求めず。
それでいて秋という季節を楽しむ。

なかなか難しい期間ではありますが、

  • 突拍子もない行動をしない
    時間に余裕を持つ
    臨機応変に対応する
    人と争わない(こちらから負けてあげましょう)
    噂話に加わらない
    悪口は言わない
    休息をとる

上手に乗り切り、思いどおりを手に入れる「運の流れ」を作りましょう!

関連記事