虹の色って不思議「メッセージが隠れてる!」

虹といえば7色で、赤、橙(だいだい)、黄、緑、青、藍、紫ですね。万国共通かとおもいきや、国によってこんなに違いがある。

ウエザーニュースさんのサイトがわかりやすいのお借りしてきました。

南アジアなんてたったの2色。見えている色の違いというより、色の区分けの仕方が違うからなんですね。ちょっとびっくり。

虹の色って不思議「メッセージが隠れてる!」

日本人はこの「7色」に大事なポイントがあると考えています。ほら、チャクラと同じ色でしょ。

先日、初めて南西の窓から虹を見ました。これがまた不思議でして。光の輝きが入ってくるはずのない部屋の中まで差し込んだ瞬間があったんです。瞬間といってもけっこう長くて数分続きました。

急いでメンバー(守護霊様メッセ・運ケア)さまに、エネルギーをそそぎこみメールした次第です。

でね、この時。「メールを読みながら途中で目をつぶり、虹を想像してほしい」と伝えたんです。想像の中で一番輝いて見えた色、それがしばらく間「ラッキーカラー」になると。

実はこの虹を見ている瞬間、気づくといつも朝お会いしている守護霊様方に囲まれていたという、本当に特別な光のパワーだったんですね。色に関してのアドバイスも守護霊様からいただきました。

今すごく「赤」が大事みたい

メッセージをお届けしたあとで、いただいた感想を集計してみると断然「赤」が多いの。次に「赤~だいだい色」という方が多かった。

赤といえば第1チャクラの色。

昨今、政治も経済も天候もめちゃくちゃ。コロナなんて、アメリカをぬき、世界で最も感染者数の多い国という嬉しくないお墨付きをいただいちゃってます。

日本以外の国ではもうマスクなんてしてないんですよね。あー、なんということでしょう。

どうして外でみんなマスクしてるの?最近はちらほら30代の男性あたりははずされている。すれ違うと「あぁ、よかったぁ」と。歩いてるだけだし、それにマスクに問題であることはこの感染者数を見てもよくわかりますよね。

呼吸器が弱り、ものの20分で大腸菌ウジャウジャとか。せめて子どもたち(高校生とかも含めて)みんなはずしてほしいなぁ。

話題がそれちゃいましたので、お話戻します。

赤ー第1チャクラーバランス

第1チャクラは私たちの根っこのバランスを司るだいじな、だいじなチャクラです。自然との同調力という力もありますね。

今回みんなが「赤」を一番に想像したのは、「もういちどしっかり自分の足で立つ準備をし直そうよ」ということに違いないの。

コロナが始まって、これまでの常識がくつがえされちゃって。真面目な人ほど、どうしたらいいかわからなくなっちゃった。わからないままもう2年以上。ここで取り戻さないと、もっと苦しくなっちゃいそうです。

赤の力は、たとえばインナーとかお洋服でチャージしてもいいし、スイカとかプラムとかトマトとか。赤いものを食すことでもチャージできる。お花を飾ってもいいですね。

でもね一番大事なことは、もう一度しっかり自分の足で立つことを頭に入れること。

自分の足で立つということは、情報に振り回されて、周囲に振り回されて、みんながやってるから安心という気持ちを断ち切ること。

自分がどうしたいのか。心の奥で「これが正しいに決まっている」と思っている信念がどんなものなのか?

誰のものでもない、自分の人生ですよ。このまま、めちゃくちゃな言い分に振り回されるのではなく、正しいと思うことを選択していって欲しいと願います。

虹とチャクラの関係の続きはメンバーコンテンツにて。ときどきnoteでも単品購入いただけるようになりました。ご興味がわいたコンテンツがありましたらぜひ。

noteはこちらからどうぞ

 

この記事は会員コンテンツです。ログインしてご覧くださいませ。

関連記事

error: