今年の不運「南西」注意!玄関、窓、建物の後ろ側要チェックです

Destiny

もうすぐ3つ目の「元旦」がやってきます!

1月1日私たちの意識の中で新しい年が始まりました。

続いて立春。ゆっくりと土を耕しながら「土用」という準備期間を経て、大地のエネルギーも始動!着々とわたしたちの「新生」のエネルギーが整い始めています。

来たる3月21日春分の日。満月のこの日最後の準備が整います。「宇宙」です。

春分の日3月21日は「宇宙の元旦」

この日から私たちの人生も一気に動き出します!最高のスタートを迎えるために、今一度不運のエネルギー防御のために見直しておきましょう。

南西玄関&南西の背中

今年の悪ボスが牛耳る南西方位。すべての災難を引き寄せるエネルギーがやってくるオソロシイ基地局があります。

特にエネルギーの口である玄関のドアが南西に向いているお家(外へ出る時に南西に向いていると、そのまた逆で建物(特にマンションの方見逃さないように!)の背中にあたる壁が南西に向いているお家は注意です!

実際には南西と言っても202.5度から247.5度という方位となりますが、ここまで細かく調べるためには、プロのお力を借りないと難しい。

なので大雑把に「南西」まるごと注意!と理解しておけば憂い無し!

なぜ部屋じゃなくて玄関?

家の氣(エネルギー)を循環させる、さながら空気清浄機だからです。

玄関のお話のところでも書いていますが、家の中にたまった「悪い氣(エネルギー)」を外へ押し出しながら、フレッシュな外氣を家の中へ。

本来ならば、玄関をキレイに掃除しておくだけで、意外とうまく循環させてくれるものです。

が、今年はそうはいきません。悪の基地局から送り込まれる「悪い氣」は、家の中の悪い氣を更に包み込むよう、外へ押し出すことなく、更に悪化をさせるべく、「ダダダ、ダダダ」まるでマシンガンのように撃ち込んできます。

それはドアの開け締めが行われるたびに。

もちろん「南西に大きな窓」があれば、開けるたびに撃ち込みは行われます。

けれど窓とドアでは空気が流れる勢いが違う。

なぜなら風がよほど強くなければ、ちょっとくらい窓を開けても、それほどの威力は出ないはず。

でも、ドアは?

バタン、バタンと閉まる勢いが違います。また、窓の場合、ベランダとの行き来があったとしても、回数は多くはないですよね?
ドアや窓の開け締めはできるだけ静かに、優しくしましょう。

とはいえお子様がいらっしゃるとそうも行かない。
そのための防御策として、玄関は常にキレイにしておくのはもちろんのこと、アロマやお香で邪氣を排除するよう心がけましょう。

窓開け開運法今年の3つのポイント「見える景色を見逃さないで!」

南西の背中って何?

建物の入り口は正面。わたしたちで言えば「顔」にあたります。なので建物の後ろ側は背中。

背中は無防備なものです。ときどき背筋がゾクッとすること、ありますよね?

これは必ず何らかの悪いエネルギーを受けている証拠です。あっ!でも心配しないでね。ゾクッとするのは、何も霊が憑依したとは限りません。

風邪などのウィルスを強く受けたり、合わない人のエネルギーを受けたときもシグナルとして受け取ります。
ゾクッとしたら、何によるものがちょっと考えてみましょう?

人によるものかもと感じたならばサイキックアタックの防御法を取り入れるようする。
風邪による悪寒?と思ったら温かい飲みものをいただく

気づけば色々と対処ができますよね。

ところが建物はどうでしょう?同じようにいろいろと受けていても、サインさえも気づかず、ゆえに防御もできず。

無防備な背中。建物の後ろ側は何かと見逃しがちなんですよ。

入り口は見栄えも考慮しけっこう気を使うものの、後ろはいいやと適当になりがち。

この機会に家や建物の後ろ側をチェックしてみましょう。ペンキの塗り直しなど早めに予定するとよいですね。

ともかく

建物の背中側が「南西」にあたるお家はこんなことに注意!

病気にかかりやすい。治りにくい

対処法:無理をしないよう心がける。睡眠十分に確保。ビタミンを考え、野菜もたくさん食べよう!

スムースに行かない

対処法:準備と計画に力を入れる。タイトなスケジュールは自ら組まない。手を借りる、ひとりで抱えない

ケンカになりやすい

対処法:口調に注意する。「私はこう思うんだけどどう?」のようにお伺いをたてるような言い方をする。相手がつっかかってきても、乗らない。イラッときたらそうね、カラオケへGO!ひとり大声で叫ぼう!

注意力散漫

対処法:自転車、自動車など運転は注意深く。メガネの度数は合ってる?運転時はライトなどの影響や、老眼の影響も、普段とは違う感じになります。メガネは運転専用に必要なケースも。ちょうどよい機会です。眼科検診をしておきましょう。

南西は土の方位です。土に関わることは要注意!

家の南西の窓、ドアからバッチリ見える方位で工事が始まったら要注意!いやな感じがしたら昼間でカーテンをしめ、景色が目に飛び込んでこないようにしましょう。

家の中では静かにクラシック音楽を。特にピアノの美しい音色のCDはお勧め。フルートもGOOD。

弦楽器の音楽は、工事中は控えめにしましょう。お好きな方は低めの音でお楽しみくださいね。

南西は女性方位。女性のみなさま注意を!

特にお子様をお持ちのお母さんや、部下を持つ方々。トラブルが起きやすいかも知れません。人間関係は、自分に関わる目下にさらなる気配りを。

わがまま放題の試練を与えられることもあるかも知れません。

ここをチャンスと捉え、どうぞ怒らずに。

「ほぉ、そうきたか。よしじゃぁこの手はどうだ」

もうね、ゲームのように楽しんじゃう。

亥年、丑年、巳年、酉年生まれの方へ

南西方位の影響を強く受ける傾向にあります。南西方位のお部屋がベッドルームの場合には、こんなサインを見逃さないよう、注意をしてね。

  1. なかなか寝つけない日が続く
  2. 夜中に何度も目が覚める、悪い夢を見る
  3. 寝ているのに疲れがとれた気がしない
  4. 風邪がなかなか治らない
  5. 不運が続く
  6. 無気力、まったくやる気が出ない

このようなサインが続いた時には

  • 部屋を移動する
  • 枕の位置を「北」にする
  • シーツや寝具を新調する
  • 整理整頓
  • 照明は落とし、オレンジ系の照明に変える
  • TVはつけない、ボリュームを落とす
  • 音楽も静かめに

体の不調はお医者様とも相談してね。

部屋を移動するのがいちばんですが、そうも言えないご事情であれば、枕の位置だけでもどうにか変えるなどやってみてください。

方位からの影響は、強く出る月と、出ない月があります。また日よってもバラつきがあるのであまり不安がらないように。

戸締まりもしっかりしましょうね。