運気低迷 原因追求より先にやりたいこと

calendar Destiny

こんにちは、小鳥遊明美です。

運氣の低迷を感じる
なんかついてない

こんな時みなさんならどうしていますか?

じっと耐える?
とりあえず静かに過ごす?
それともとことん低迷の理由を追求する?

私はこんな時積極的に「氣」を変えます。
「氣」を変えると流れが変わるんですよ。

それには模様替えが最もてっとり早いです。
大きな家具は巡りの妨げになっていることも多いですから、一旦どかして掃除するだけでもかなり変わってくるんですよね。

低迷期にこそ模様替えにトライしよう!

そして忘れてはいけなのが「窓」です。

この記事では超カンタンに「氣」を変え、運を上げる方法について「窓」にポイントを絞り解説いたします。

  • 「氣」って何?変えるとなんで運が上がるの?
  • なぜ「窓」?
  • 押さえておきたい不運が入る場所と確かめ方
  • 「氣」の整え方 お掃除のポイント

最後にまとめも掲載しています。
時間がない方はてっとり早くラストを御覧くださいませ。

Let’s try!お氣替えしましょ

運気低迷 原因追求より先にやりたいこと

ついてないが続くとホントつらいです。
あのせい?いやあれかも。

結局原因ってよくわからなかったりするんですよね。
追求していくうちに更にブルーになることも…

なので原因を考えるのは後回しにし、ともかくこんな時は「氣」を変える事です。

なぜ「氣」を変えるの?そもそも「氣」って何?

「氣」とはエネルギーです。
厳密に言えば生命エネルギー。

命あるものすべてに存在するエネルギーです。
たとえば血液が流れるのも「氣」の流れがあるからなんですよね。

病は「気」からと云われるのもこのためです。

目に見えるものではないので説明が難しいところですが、空気ならわかりますよね。
「気」とついていますから空気も「気」の一種なんです。

気功を用いて施術をするようになってから「気」に力が宿る事を知りました。
力強く表現したい時には「氣」という漢字を好んで使用していますが、どちらも同じ意味なのでどうぞ混同されませんように。

さてお話を戻します。
空気は目には見えませんが、よどむと息苦しくなりますよね。

これは流れが滞るからです。
スムーズに循環していればフレッシュでさわやかですが、いったん巡りが滞ると重たくよどみます。

原因はタバコの煙だったり、ほこりだったり様々です。

氣とは巡りのことである

運気という言葉の通り運も「気」です

ちょっとわかりにくいかな。
気は巡るものですから、運気とは運が巡ることを指しているのですよね。

運気も気の一種。巡りが滞れば低迷します!

氣を変えたら低迷から脱出できた!

運が低迷するということは運の流れがよどんでいる、巡りがスムーズではないということになるのでは?と考えたのがきっかけでした。

そこでみつけたんです。
運に作用する巡りを提供する場所それは住まいである「家」です。

生活の拠点である家はそこに住む人のパワースポットです。

家はカラダを休め、思考を巡らせ、食事をする。
生きていく基盤を作る大事な場所なんですよね。

ホテル暮らしの人たちにとってはホテルの部屋が、寮なら寮の部屋がその人だけのパワースポットです。
その大事な場所の巡りが滞っていたらどうでしょうか。

息苦しいはずです。
空気がどんよりしているはずですから。

そんな場所で食事をし、体を休め、思考を巡らせてもいい事はなさそうです。
体は重たくなり、頭も回りそうにありません。

これでは運だって低迷しますよね。

家の空気はどうですか?重たくよどんではいませんか?

よどんだ空気を排出する場所

窓ですよね。
窓を開ければ新鮮な空気が入ってきます。
その時に家の中のよどんだ空気は外へと出ていきます。

まさに巡りを司る場所です。

毎日窓を開けましょう!空気の入れ替えに敏感になると運も安定します!

雪国にお住まいの方など窓が開けられない場合には空気清浄機を導入しましょう。
キッチリ巡りを整えてくれますよ。

こうして空気の入れ替えを頻繁に心がけるだけで確かに運は安定してきます。
が、ちょっと注意したいことがあるんです。

不運が宿る方位がある

風水のチャートから読み解くと、方位には良い方位と悪い方位が年ごとに違う事がわかります。
私としてはあまり神経質になる必要なないと考えていますが、それでもいくつかポイントを押さえておいた方が良いことは確かです。

それは「五黄」と呼ばれるその年最強最悪の方位と「三殺」と呼ばれる幸運を奪う方位、そしてもうひとつ大歳と呼ばれる木星の方位の3つです。

2020年は「五黄」が東「三殺」が南、大歳が北です。
窓開けして氣を変えながら、不運の元がありそうかどうかチェックしておくと安心です。

窓開けて見える景色チェック

念のため家の窓すべてを調べておくと安心です。
中でも「東」「南」「北」は要チェック!

チェック1「そこから何が見えますか?」

  • 建設中のビルや工事現場は見えますか?
  • 繁華街が見えますか?
  • 比較的交通量のある道路が近くに見えますか?

景色の感想もメモしよう!

「なんだか汚いなぁ」
「にぎやかでいいわ」
「あっ!あれは桜の木だ!今年もキレイに咲いてくれるんだろうなぁ」

すべての窓から見える景色、感じたことをメモしておきましょう。
後で役立ちます。
手帳に書き込むと良いですヨ。

では続いて対策に入ります。

気持ちよくない景色に注意!

たとえば工事現場、煙がもくもく出る煙突、古い病院、汚れた河川他、あなた自身が「なんかいやだなぁ」と思われるものが見えた時には注意をしましょう。

念入りな掃除はもちろんですが、出かけるときなどは厚手のカーテンを閉めると良いです。
不運の流れをシャットアウトできます。

窓は家の中に直接エネルギーが送り込まれる大事な場所です。

年ごとに幸運、不運のどちらかのエネルギーが強く影響する方位があります。

気をつけないとそれらは倍増して家の中へ流れ込みます。
幸運ならばラッキーですが、不運が倍増しては大変!

窓から見える景色ひとつで入ってくるエネルギーの質や量がわかります。
真っ先に注意したいのは不運の倍増ですよね。

もちろん幸運だって倍増させたいです。
でも幸運は他にもいくらでも倍増させることができるんです。

なのでここはちょっとガマンして、まずは不運逃しからまいりましょう。
不運が倍増した場所にいくら幸運が入ってきても負けちゃう事が多いですから。

東の窓 対処法

2020年は最も難しく最もよくないエネルギーが停滞する場所です
今年最大級の邪悪な魔物が住んでいると想像してください。

まず今年は東から幸運を引き寄せることは潔くあきらめてしまいましょう。
開運の達人にもなれば不運を逃し幸運だけを引き寄せることも可能です。

ここは多くを望まずともかく不運だけを逃すことを考えることをおすすめします。
運気の低迷から脱出できるはず。

まず今年東窓付近は静かに、明るすぎず、清潔に保ちたい場所です。
開運グッズなど飾られている場合には移動をお勧めします。

開運グッズについてはこちらも参考にどうぞ


東向きのお家の場合には更に注意をしてください。
対策はともかく静かに清潔に。

東の窓は1年中キレイに保ちましょう。

ぶっちゃけ、他の窓は掃除しなくてもココだけはやっておきたいんです。
東は水の方位ですから、元気な花を飾るのはとってもお勧め。

鉢植えより花瓶に生けたお花をお勧めします。
花の枯れ方や水のよどみが早ければエネルギーがよくないサインです。

こういった見極めもできるのでぜひ♪
オーディオをなどはできることならばこの場所を避けて移動したいです。

お助けアイテム「カーテン」なかでも遮光カーテンは不運の氣を遮る頼もしいアイテムです。

東にはブルー、南にはオレンジ、北には赤や茶がおすすめです。
アイボリーはうすいベージュはどの方位でもOK!

こんな感じはどこにでも合うかも!

カーテンは時々チェックしましょう!

ホコリや汚れは窓の近辺の「氣」がよどみます。
健康運がダウンするなどの影響も。

閉め切っているのもNG。
健康にも運気アップにも「光」は必要な要素です。

閉めっぱなしにせずに。気分の良い時、早朝工事が始まる前などカーテンとともに窓を開け、換気をしましょう。

特に日の出から1時間ほどの間は良い氣が入る時間帯です

続いて南、北方位の窓も同じようにしましょう

南、北に関しては日中カーテンをわざわざ閉めることはありません。
よほど工事の音がうるさいなど問題があると思われたときにだけ閉めればOK!

清潔に静かにという点では同じです。

しかしながら窓そうじって超めんどうですよね。
東だけは毎日チェックですが、その他の窓はローテーションを決めてちょこちょこ掃除がお勧めです。

私はいつもコレを使っています

キレイが長持ちするので重宝♪

キレイな窓は悪いエネルギーをブロックしてくれます。悪いエネルギーも部屋の中まで届きません。

窓には防御力もあるんですよね。

見逃さないで窓の「サン」

実はガラスと同じ、いやそれ以上かも。
不運が溜まる場所でもあります。

ホコリをためないよう、こちらも「キレイ」を保ちたいもの。

窓のサンも忘れずに掃除をしよう!

【まとめ1】運気低迷 原因追求より先にやりたいこと

  • 家の氣=巡りを変える
  • それには模様替えがてっとり早い。
  • 模様替えを始める前に不運が入る方位を頭に入れる
  • 窓から見える景色をチェック
  • 東、南、北。中でも「東」は対策を念入りに

そして毎日ちょこちょこ窓掃除!
運氣低迷から脱出し、更に運が上がる日課です。

【まとめ2】不運方位の窓対策

  • 体調や運が優れないなど不調を感じた時には厚手のカーテンを閉めて対処!
  • 掃除をしよう!良いエネルギーが巡ります
  • 音は大丈夫?音量を下げて空間の「氣」を落ち着けよう!
  • カーテンを洗おう!
  • サンをきれいにしよう!

レースのカーテンは3ヶ月に1度お洗濯がお勧め。
厚手のカーテンは半年~1年。

洗濯が難しいものは、ホコリをとったり軽く拭く。風を通すなどのメンテナンスでもOK!

窓から見える景色は毎日チェック!

見える景色が心地よい場所は毎日窓を開け放しましょう。

不運が強い方位の窓開け工事の時間帯を避け、早朝の窓開けがベストです。