あくびが伝染する理由とは?

体が発する症状はすべて「〇〇だよ」という、たいていは忠告のサイン。
あくびもそのひとつです。

あくびが伝染する理由とは?


科学的には解明まで至っていないようですが、「氣」的には説明ができます。

眠たかったり、疲れていたり。
あくびが出る時は決まって脳が酸欠状態です。

緊張や人混みでも出ます。
酸素供給不足ですね。

これがその場にいる人たちみんなに起こっています。

時々戸外でも起こりますが、その場合はその場に邪氣が強いということです。
もしくは、病気の方が近くにいらっしゃるというケースも。

あくびが伝染するのは、場の氣のよどみのせいです!

あくびで読み解くメッセージとは


3つあります!

  1. 酸欠状態だよ
  2. そこから脱出して!
  3. 方法が違うよ

考えられる原因は

    1. 呼吸が浅い
    2. 場所が悪い
    3. 無理がある(気持ちに逆らっている)

対処法

1.呼吸が浅い
呼吸が浅いと脳にしっかり酸素が届かず、そのせいで酸欠に。
あくびが出ます。

この状態が長時間続くと頭痛も。
偏頭痛の原因は意外とこんなところにあるんですよね。

このようなちょっと変わったメッセージで、あくびが出ることも。

「言霊ワードを通勤中に連呼していると、あくびが出ます。普段はあまりあくびをしないので不思議です。」

言霊ワードとは「わたしはついてる!」とか「できるに決まってるとか」引き寄せのアンテナを伸ばすのに最適なパワフルワードです。

メッセージをくださった方は、守護霊さまからいただいた「今たくさんつぶやくと引き寄せられるよ」のワードをたくさん口ずさんでいるのです。すっごく良いことで、しばらく続けていただきたい!

でも、なぜあくびが出る?

普通、言霊ワードを発していて何か体からサインが出る場合、たとえば、頭がちょっと痛いとかなど良いとは言えない症状ですね。

この場合はその言霊が「今じゃないよ」という、あなたさまを守る者たちからのメッセージです。

どうも酸欠のようです。酸素供給がいっていないよう。そういえば偏頭痛もあるとおっしゃってたので、普段から呼吸が浅いかもですね。

脳に酸素が届くようイメージ呼吸を!

何度か深呼吸をしてからつぶやく。そのとき最初に「鼻から息を吐く」それから「鼻から息を吸う」鼻だけでやってみてください。

もし良い場所たとえば公園とか外であれば、鼻から吸って、口から出すと良いです。

通勤電車やこもった空気の場所では、脳に酸素をまわすことだけに集中したほうが、邪魔が入りません。

あわてず、ゆっくり鼻から吐く

ゆっくり鼻から吸う(脳に届くように)

もしも先に吐くのが苦しい感じがしたら、吸いながら「1,2,3」と数え、ゆっくり吐いてもOK。

脳に酸素を供給するイメージで行うことで、つぶやきにも変な力が入らず、気持ちが邪魔したりもありません。
いいことづくめですね。小鳥遊明美アメブロより

2.場所が悪い
混雑によるもの、場のエネルギーが合わない時、霊的な負の影響が強い時などの原因があります。
対処法はそこから出ることです。

どうしても抜けられない時には、1同様脳に酸素が行くように鼻呼吸で調える。
水を飲んだり、一時的に場を離れお化粧室で手を洗うなどしてみてくださいね。

ただし、腹痛や頭痛が伴う場合、霊的な影響も考えられます。
その場合はできるだけ早くその場から抜け出ることをおすすめします。

繊細さんは特に憑依されやすいため、注意が必要です。

3.無理がある(気持ちに逆らっている)
体と脳の氣が分離しちゃっていることも。

無理をしてやろうと考えても、体が拒否しているなどが考えられます。
あくびが出るのは、一気に氣の巡りが停滞したサイン。

このときは必ず「やだな」という気持ちがありますから気づくはずです。

その場合にはいったん頭をクリアにしましょう。
瞑想、映像、画像、漫画など。

まったく関係のないことをして、いったん氣を取り戻しましょう。

関連記事