土用の禁忌 土用中にやってはいけない事をやってしまうとどうなる?

calendar Desteny

小鳥遊明美です。
土用期間って不思議です。

いつもなら絶対やらない事がやりたくなりませんか?
気をつけていたはずなのに、ついつい買っちゃう。

新しい事を始めたり、新しい物を思いつきで購入するのはいけないと言われる期間です。
でも、やってしまうとどうなるのかしら?

今回はこれまでのご相談とエネルギーの質から答えを導き出してまいります。

土用の禁忌 土用中やってはいけない事をやってしまうとどうなる?

まずは土用の禁忌事項についておさらいです。

  1. 結論を出す
  2. 土用期間中に突然降りてきた「アイディア」を土用期間中に実行に移す
  3. いつも行かない場所、いつもはしない行動をする
  4. 勢いで「入籍」「転居」「入社」などその後の人生にも大きく及ぼす行動
  5. 車、家など大きな買い物をする
  6. 人生に関わる契約をする
  7. 宝石類を購入する
  8. ベッドや家具など簡単に買い替える事が出来ない物を購入する
  9. 積極的に出会いを求める
  10. 暴飲暴食、夜更かし、夜遊び
  11. 土用殺方位で大きな音を出す(TV、オーディオの音量は控えめに)
  12. 庭の土をいじる
  13. 池をつくる
  14. 気持ちを打ち明ける
  15. カミングアウトする

これらはみな今後の(土用後の)人生に少なからずとも影響を与えると言われる、土用の禁忌事項です。

ただし前もって決めていたことであれば、10,11,12,13(2は例外)以外のことはOKなんですよね。

禁忌事項を眺めてみると

  • お金を使うこと
  • 人生の転機に関わること

大きくしぼるとこの2つにしぼられます。
季節の変わり目であるコトから自律神経も乱れやすです。

いつも以上に休憩を取る、睡眠時間を確保することも大切です。

土用の決断はどうして間違う確率が高いのでしょうか?


ズバリ「正氣じゃないから」です。

と言っても、頭がおかしいというワケではありませんよ。
「正氣」とは流れのこと。

「正しい流れではないから」が正解です。

天も地も人もみなリズムを崩す時期。
それが土用です。

なかでも「土」のエネルギーが最も正氣ではなくなります。

土が正氣を失うと

私たちの足元がぐらつきます。
地に足がつかない。

浮足だち、しっかりしてないのです。

土用中ずっと浮足だっている?

実際には個人々時間帯が異なります。

「では自分がダメな時間はいつ?どの日に何をしちゃいけない?」知りたくなりますよね。

私も調べたことがあるんです。
細かく。

これで安心!と思いきや、とんでもありませんでした。
何も出来なくなってしまったんです。

「あっ!あと○分でNGタイムだ!急がなきゃ」雑になるわ、イライラするわ。疲れるわ。

集中なんてまったくできません。
それでこう考えることにしました。

「地に足がついてない時間が時々ある。土用中は大きな決断をするのはやめておこう。普通に過ごそう。くらいがちょうどいい」

地に足がついてないと

気持ちが不安定になります。
考えも、あっちゃこっちゃに飛びやすいです。

決断にブレが生じる可能性も高い。
そのため、土用中の決断は人生に関わるといわれるのですよね。

土用中何も決めてはいけないの?


もちろんそんなコトはありません。
土用中だって決断すべき事態はやってきます。特

仕事のシーンでは即決、即断が必要なことが多いですよね。
そんな時にはどうしたらよいのでしょうか?

土用のエネルギーについてここでしっかり理解しておきましょう。

土用のエネルギーはどう働くの?

心の奥に隠された真実をあばくよう、働きかけます。
と言っても自分だけの問題だけ。
深刻に考えることはありませんよ。

心の奥にそっとしまっている思い、実はコッソリ「やってみたいなぁ」と思っている事がやりたくて、言いたくてしかたなくなるという具合いです。

たとえばそうそう、つい最近もこんなご報告が!

家買いました!良い物件にめぐり逢いまして。何件か問い合わせも入っているといわれて。おもいきって即日契約に踏み切りました!

契約後、土地が合うかどうか調べてほしいと相談をお受けしたんです。

土地はよい感じです。
しかしながら学校が遠く、お子様に負担を強いる距離。

他にも相談者様のライフスタイルにそぐわないチェックポイントがいくつかありました。

ご相談者様はふだんはとても慎重な方で、念入りな計画のもと実行するタイプです。
数年後に購入すると決め、色々と物件を見て回っていました。

失敗しないようにします!
とおっしゃってたんです。

そんな方がこんな突然
それも即決なんて!

これこそ土用の為せるワザ。

「自分の家を持ちたい」という願望が引き出され、代わりに慎重さは奥へ引っ込んでしまったご様子。
結局はローン申請が通らず事なきを得たのが不幸中の幸いでした。(ほっ)

土用中に大きなアクションを起こして後悔したというご相談はとても多いんです。
すべてのケースで彼のように結果オーライだったとは言えず…

動かないにこしたことはありませんね。

土用中は、願望、隠していたきもち、我慢していることなど、心の奥の気持ちが前に出やすく、気が大きくなる傾向があります。

思い切った行動を起こしやすく
先を見通す力が劣ります。

論理より感情。
未来より今となりやすいんですね。

土用中のひらめきや、やってみたいという気持ちがある場合でも、行動には移さずに。待ちの姿勢を貫くことが災難を呼び込まないコツです。

やってしまうと絶対後悔する?


私がご報告を受けたり、ご相談をお受けしたケースから見ると、9割の方が「やらなくてよかった」「やらなきゃよかった」という感想です。

「やらなくてよかった」と、待ちの姿勢に変えた方々はみな、土用明けに気が変わったそうです。
他に選択肢があったことに気づいたり。

なかでも額の大きいお買い物には細心の注意を払うように。

土用中は何もできないということ?

前もって計画していれば、決断をしたのは土用前になりますよね。
この場合は、あたらしいチャレンジや大きな買い物であっても、禁忌事項とイコールにはなりません。

土用の期間は年に4回。
合計で2ヶ月以上にも及ぶのですから、何もしないというわけにはいきません。

大きなことはしっかり計画を!
神様が教えてくださっているのかもしれませんね。

土用エネルギーを使い倒そう!


前もって計画していればいいわけです。
だからおもいきって「行動を計画する」というのは一つの手です。

実際に計画している時には尻込みしていたとしても、土用突入後、本当に行動できるかも!

土用のエネルギーを逆手に取る方法をまとめてみましょう。

1.本当はやってみたい。でも無理

次の土用中にやってみるつもりで計画だけしてみませんか?

実際にやるかどうかは土用の勢いに任せるとして、計画してみましょう。
本当の自分の気持ちに気づくことも!けっこう楽しいですよ。

2.やめる

やめたいのに、やめられないコトはありませんか?

土用中に「やめる計画」を!普段できないこともカンタンにできちゃう土用のエネルギー。
うまく行けば、やめることができるかも!

3.捨てる、別れる、終える

土用中はふだんよりずっと強気で、潔い決断ができるもの。

  • 捨てたくて捨てられないもの。
  • 別れたいのに、別れられない人。
  • 終えたいのに、続けていること。

やめるのなら土用中にしましょう。

いかがでしたでしょうか?
土用期間は使い方しだいですごいチャンスだとあらためて感じています。

土用とは新生期間である。

生まれ変わるにはもってこいですね!