「生理前チョコが食べたくて仕方ない」ミネラル不足かも

Self care support Work Style

こんにちは、小鳥遊明美です。

女性のみなさま、いかがですか?
生理前に限って、チョコレートが食べたくて、食べたくて。

生理前に食べると吹き出物が増えたり、お肌の調子は確実にダウンしますよね。
食べちゃいけない。

でもやめられない。
我慢できない。

ホルモンバランスが崩れることで、激しくストレスを感じるせいかと。
それを解消すべく「セルトニン」を補給しようとしているのだろうとずっと思っていました。

ところが、、、

「生理前チョコが食べたくて仕方ない」ミネラル不足かも


奇蹟のマグネシウム

この本を読んで考えが変わりました。
それから、アドバイスにこんな可能性もあるよとお伝えするようになってから「PMS」がよくなり、気持ちが明るくなったという方もちらほら。

良書です。

残念ながら日本訳版は絶版です。
アマゾンで調べたら3万円超えという驚きの価格。

大事な事がたくさん書いてあります。
備忘録を兼ねここに記録していきます。

今回は女性の体に関係する部分を中心にまとめていきますね。
少しでもお役に立てますように。

生理前に無性にチョコを欲したら「マグネシウム不足」を疑って!

チョコレートにはマグネシウムがたくさん含まれているそうです。
足りないから欲するんですね。

だからと言って残念ながらチョコレートを食べても、マグネシウム不足は解消できないという…悲しいですね。

けど、なぜ生理前に足りなくなるのでしょうか?
もしかすると元々足りていないのに、さらに生理前に足りなくなるという現象が強まっているのかも知れません。

    何を隠そう健康オタクです。何年も病名がつかずに苦しんだ過去から、自分で乗り切るしか手立てはないと35年セルフケア街道まっしぐら。様々な健康法を試し、気功のように「出会ってよかった」と思えるものから、逆に体力、免疫が落ち戻すのに苦労した食事法も!現在は「三石理論」に出会って2年強メガビタミン療法をメインに。失敗を繰り返しようやく少し自分に合う、合わないがわかってきたところです。そんなお話も少しづつ皆さまのお役に立てていただけたらいいなぁと。

マグネシウムは体でどんな役割を担うの?

マグネシウムは必須ミネラルですね。
ミネラルは、糖質、脂質、タンパク質、ビタミンと並ぶ5大栄養素の中のひとつです。

他にはナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、リン、セレン、ヨウ素、クロム、モリブデン、マンガン、鉄、銅、亜鉛があります。

自然から頂くのが一番ですが、今や土壌から適正な量のミネラルを摂取するのが難しいようです。

マグネシウムが含まれた食品は?

そば、のり、わかめなどの海藻類、ナッツ類、豆類、緑黄色野菜、ひまわりかぼちゃといった種、豆類などです。

マグネシウムの働きとは?

体内の325種類以上にも及ぶ酵素に関与
最も重要な酵素反応であるアデノシン三リン酸(ATP:体内でエネルギーを貯蔵したり、使用したりするあらゆる活動にとって必要不可欠な物質)を活性化。

「気」の正体はATPだった!


アデノシン三リン酸(ATP)こそが「気」であるとの事が記されていて、なんか嬉しくなっちゃいました。
気=生命エネルギー=ATPです!

「病は気から」意味と実際に起きている事【自分の気量を知ろう!】

で、気づいたんです。

私はずっと気の鍛錬をしてきました。
補給も邪気排除もしっかりやってきたつもりです。

いくら施術でたくさん使い、受ける事もあるとはいえ、起き上がれなくなるなんて。
衰えを感じ始めていた数年前から、さらに時間をかけ「気」の補給を心がけてきたんです。

でもなかなかうまく行かず。

けれどそのおかげで「マグネシウム」という(もちろん他のビタミンやミネラルも)の重要さに気づかされました。
そして「マグネシウム」(もちろん他のビタミンやミネラルも)により生き返りました。

マグネシウム大事です!

気を取り戻すために知っておきたい事【実例あり】

マグネシウム欠乏による代表的なトラブル

  • PMS
  • うつ
  • 不安神経症とパニック発作
  • 低血糖症
  • 不眠症
  • 偏頭痛
  • 骨粗鬆症
  • ぜんそく
  • 腸疾患(便秘、大腸炎)
  • 膀胱炎
  • 糖尿病
  • 疲労
  • 心臓疾患
  • 高血圧
  • 腎臓疾患
  • 筋肉のけいれん
  • 胃腸のけいれん
  • めまい
  • 虫歯

マグネシウム不足が関係している症状が多いことに驚きます。

どうやって不足を解消する?

サプリメントの飲用がてっとり早い事は確かですが、いきなり「マグネシウム」のサプリメントを飲用するのはお勧めできません。
うまく吸収するには、それなりに準備が必要なんです。

タンパク質やら色々と先に補っておかなくてはならないものがあるんですよね。

食生活から見直していきましょう

毎日の食事で土台をつくります。
タンパク質の摂取が何より大切。

お肉や卵はたくさん食べているかしら?
プロティンの飲用がお勧めですが、いくつか頭に入れて置いてからににしたいので、ここでは割愛しますね。

まずはしっかりお食事。
お肉をたっぷり。

そこに海藻類や豆類などをプラスし、マグネシウムを補っていきましょう。

注意して欲しいことがあります。

毎日同じものを食べ続けるのはやめておきましょうね。

これまでたくさんの方のご相談を受けてきましたが、健康に良いからとたとえば納豆を毎日食べ続けている、きなこを取り続けている、海藻を食べ続けていると言った場合に必ず不調が見られました。

どんなに良いものでも、毎日食べ続けるのはだめなんですよね。
週に1、2回ローテーションで食べいる方の方が体調が良かったです。

大丈夫かしら?
何かを食べ続けてはいませんか?

さらに「フィチン酸」との関係なんかもしっかり頭に入れておきたいところ。
このへんのお話はまた追々。

生理前チョコが食べたくて仕方なくなったら

マグネシウム不足を疑いつつ、チョコレートはほどほどに、わかめのお味噌汁などを積極的にいただきましょう。

さらにマグネシウム補給に良い方法があるので、またそちらは次回お話していきますね。

人気記事スモールビジネス(個人事業・副業)の始め方

人気記事運命を変えるセルフケア 小鳥遊明美のはぴねすラジオ