2023年手帳を買ったらすぐにやりたいこと

手帳を買ったらすぐにやりたいこと。運が良くなる手帳の使い方があるんです。購入してすぐ、使い始める前が大切です。ポイントについてまとめました。

 
新しい手帳選び。
わくわく、楽しいですよね。

あなたは手帳を購入してから、こんな事で迷いませんか?
 

  • 初めに記すのは目標?それとも大事な予定が先?
  • 使い始めおすすめの日は?
  • 本格的に使うまで何処に置いておく?

 
何年も試してわかった事があります。
手帳にまっ先に何を記すかはとても大事です!

手帳の選び方はこちらの記事を参考にしてね。


 

運がよくなる手帳の書き方、つくり方【購入してすぐが重要です!】


結論は「真っ先に悪い日を書き記す」です。
最大の理由は、人生の大きな決断をするのにふさわしくない日を知っておくため。です。

この方法を試してから驚くほど目標達成、願うたびに夢も叶ってます。
びっくりですよね。

最初に何から書く?目標かな、予定かな


普通は楽しみなことから書きますよね。
あとは大事なはずせない予定とか。

真っ先に良い日を書き出した方が、運がついてくると思います。
私もそうでした。

けれど実は逆。
良い日から書き込んでいた時代は、けっこう苦労が多かった。

ある時、ふと思いついて逆をやってみた。
良くない日から書き出してみました。

そうしたら、なんかいいんですよね。
運気が上がってきた感がある。

最初は半信半疑だったんですが、2年目も同じようにして、さらに良い。

ちなみにこれまで23年間、特に経営者さまにアドバイス。
これがすごく好評でして。

みなさん、結果につながってるようだとおっしゃる。

トップクラスの方々がそんな事気にするの?

ええ、そうなんです。

トップクラスの方は、ゲン担ぎ的な事をすごく大事にされるんですよね。
やっぱり運も大切にされます。

それに多忙な方ほど納得みたいです。

重要な予定をすべて吉日に入れることは難しい

大事な商談や苦手な相手だけど、こなさなくてはならないアポ。

大事な商談が上手く行くように。
苦手な相手とトラブルが起きないように。

どちらもすごく重要ですよね。

重要な予定はできるだけ良い日を選びたいと思いませんか?

ところがいくつも商談を抱えていると、大安とか友引きとか。
一粒万倍日なんかもそうかしら。

大事な案件のすべてを吉日にするなんて無理です。
お相手の予定もありますし。

ゲン担ぎするにも、ここは限界がある。
すごくジレンマを感じました。

私の仕事は、人生の大きな決断へのアドバイスをさせて頂く機会も多い。
出来ることなら、良い日(良いエネルギーの日)にセッションをしたいなと。

残念ですが、すべて吉日にする事は難しく。

「最悪な日をはずせばいいんじゃない?」

結果、この方法で問題はありませんでした。
どころか、逆にいい感じです。

手帳を新調したら、すぐに悪い日(良くないエネルギーの日)を書き出します。

たとえばどんな日?

いの一番に書き出したいのが「土用」です。
3ヶ月ごと、およそ18日間づつ続きます。

土用は「決断をするにはふさわしい」とは言えないエネルギー。
いつもは慎重な方でも、驚くような行動に出てしまったり。

詳しくはこちらの記事を参照してね。


 

2023年の土用は以下のとおりです。

  • 冬土用:2023年1月17日~2月3日
  • 春土用:2023年4月17日~5月5日
  • 夏土用:2023年7月20日~8月7日
  • 秋土用:2023年10月21日~11月7日 
  •  

間日も記載しておきますね。※間日については後半参照

  • 冬土用:1/20・21・23・2/1・2
  • 春土用:4/17・18・21・29・30・5/3
  • 夏土用:7/20・21・25・8/1・2・6
  • 秋土用:10/21・23・25・11/2・11/6

他にも良くないと言われている日はありますが、あまり神経質になってもいけません。

昔は色々書き出していたんですが、今はやめました。
良くない予定を先に書き出すのは土用だけに。

悪い日を色々書き出してしまうと、すごく気持ちがダウンしちゃうんです。
なんか滅入ってしまって。

これじゃぁ、いけないと止めました。

土用中はもっとも人生の決断を左右します。この時期を慎重に乗り越えれば、あとの厄日は意外となんとかなるものです。

使い始めるのにいい日は?


購入した日、もしくは購入した日からあまり遠くない「気分の良い日」です!
あわてて気持ちがどんよりしている日に、1年間の運に関係する手帳を書き始める事は避けたいです。

次にもちろん新月もよいです。
2023年の最初の新月は1月22日です。

1月1日というのもありです!

ちなみにここで言う「使い始める日」とは、実際にスケジュールを記入して行く日。
土用の期間を記した後です。

新月とか、気になる行事はこの時でも、ずっと後、直近でもOK。
好きな日程は楽しい気分で書き入れると運が上がります!

年の途中で手帳を新調する事があれば、おすすめは立春です!
2023年は2月4日です。

来年の手帳は買ったらどこに置いておく?


すぐに使わないのなら、寝室がおすすめ。
棚の中にしまってもいいし、出しておいてもかまいません。

再び使い始める日まで眠っていただきましょう。

時々出して予定を書き入れてもいいの?

もちろんOKですが、ちょくちょく書くなら寝室から出してあげた方が良いです。

12月から今の手帳と共に持ち歩く方もいらっしゃるかな。
その場合には、わざわざ寝室に置く必要はありません。

あくまですぐに使わない場合だけ、寝室へ。

ふだんはバックの中に入れっぱなしでもいい?

これは手帳を使い始めてからの事ですね。
もちろんかまいません。

使い始めたら、しょっちゅう開いてあげること。
触れて、眺めて、使ってあげる事で運を引き寄せる、あなただけの最高のアイテムとなってくれます。すべての物に共通する、引き寄せアクションです!

手帳を使う=仕事運がよくなる
目標を書き出す=実現が近づく

どんどん触れて、書いて、使い倒しましょう!

まとめ 運が良くなる手帳の書き方、つくり方

  • ①購入したらまっ先に土用のスケジュールを書く
  • ②①を書いたら、決まっている予定を書く
  • ③すぐに使わない時には寝室に置く
  • ④手帳にたくさん触れる、書く

目標を書き出すなら、新月や1日、立春、立夏など、暦の節目を利用すると更に運がついてきます!

関連記事

おすすめ記事

  1. 12月運氣情報②7日ー18日

  2. 2023年手帳を買ったらすぐにやりたいこと

  3. 2023年【手帳の選び方】おすすめの3色をご紹介

  4. 2023年手帳購入日と使い始めの日おすすめ

  5. 玄米は本当に体にいい?玄米と酵素玄米のお話

  6. ミラクルの連鎖が起こるしくみ

  7. 天然樟脳 寝ている間に邪氣を自動排出

  8. 評価は最高ランクボーナスはビックリするような額になりそう【ハッピーボイスで幸せの連鎖をあなたへ】

メンバーコンテンツ

  1. フリクションペンの多用はキケンかも!手帳で引き寄せNG使用ポイント

  2. お誕生日月は調整月

  3. 引き寄せ力の磨き方

  4. 変化の兆し

  5. 注意情報と見直し点のお話

  6. 今やっておきたい事

error: