2021年運を開く「4つの始まりを意識し運開き」

calendar

こんにちは、小鳥遊明美です。
新しい年まで秒読みに入りました。

きっちり今年を締めくくりつつ、1歩、1歩前進してまいりましょう!

2021年の運を開く

運を開くとは、ある機会をつかんで、良い状態になるようにする。出典コトバハク

運を開く順番は

  1. 機会をつかむ
  2. 良い状態にする

何はなくとも機会をつかむことが重要となります。

「チャンスだ!」

敏感にキャッチ。
逃さないようにしなくちゃですね。

2021年は、チャンスを敏感に感じ取る人になる!

引き寄せのアンテナが動き始めます!


願いや夢を「つかむぞ」と宣言。
すると頭の上にある、引き寄せのアンテナがすぐに動き出します。

引き寄せって、念の力がものを言うんですよね。
その念の力を瞬時に働かせる1番の方法は「宣言」する事。

  • 〇〇します!
  • 〇〇です!
  • 〇〇になる!

声に出す事で、言霊の力も加わり、強力な引き寄せの波動を起こします!

引き寄せアンテナについては、オーラケアの講座で詳しく解説しています。
講座の一部をこちらでご紹介しますね。

引き寄せのアンテナ

人間の頭の天辺にあるチャクラ。
天とつながり、紫色の波動を放つ第7チャクラです。

このチャクラを取り囲むように、ニョキッ、ニョキッと出ているものがあります。
と言っても、本当に生えているわけではありません。

ちょうどよい、やりとりがあったのでご紹介(オーラケア・オンライン講座より)

頭にアンテナがあるってコト?なぜ丸にもある?

ええ、かわいらしいのが2,3本あるわ!

へぇ、何本もあるんだ?何かを発信しているってコト?

そうよ、願望や夢など、思いを発信しているの。

発信してどうするの?誰に教えるの?

教えるというより、引き寄せる。頭の上にあるアンテナは、発信機であり、磁石ね。

磁石で何を引き寄せるの?

同じ波動よ。欲しい、成りたいを引き寄せる。これぞ元祖引き寄せの力ね

オーラケア講座は上記のような対話形式で進行。楽しく学びながら、どんどんオーラが元気になる。スピリチュアル心理学の手法を取り入れた「パワーアップ講座です」次回の日程が決まりましたら、まずはメルマガでお知らせしますね。無料メルマガフォームはこちら

運を開く機会は、年明け前半に4回やって来ます!


この4回とはいつ?
なぜ運を開くために重要?
詳しく紐解いてまいりますね。

4つの始まりとは

  • 元旦
  • 立春
  • 旧暦元旦
  • 春分の日

1年の中で、始まりのポイントはもっと他にもありますよね。
立冬、立秋、秋分の日などもそうですよね。

なぜこの4つ?

これら4つには、こんなスタートの力が強いんです。

  • ①私たちの意識におけるスタート:元旦
  • ②自然界におけるスタート:立春
  • ③旧暦におけるスタート:春節
  • ④宇宙におけるスタート:春分の日

人にとって
自然にとって
月にとって
宇宙全体にとって

それぞれ新しい年の始まりである「元旦」が分かれています。

まずは私たち人間の元旦。
「新しい年が始まった」と意識する日です。

そこから土用を経て、大地のエネルギーは春を迎えます。
立春ですね。

動物たちが冬眠から目覚め、植物たちが芽吹く成長の季節が始まります。
これが自然界の元旦です。

その年により立春より前になるか、後になるのか。
新月が旧暦の元旦にあたります。

2021年は2月12日ですから、立春より後になります。
新月を始まりとした太陽太陰暦のエネルギーは、神秘の力を与えてくれます。

こうして少しづつ移りゆくエネルギー。
ゆったりと整え、始まりを迎える。

宇宙の雄大さはこんなところでも発揮されています。

春分。
宇宙が新しい年を始める

人、地(自然界)、天の順で明けて行きます

順番としてはこうです。
私たち「人」→「大地」→「月」→「宇宙全体」

天地人の順ではないところが、不思議ですよね。
ちなみに天地人とは

1 世界を形成する要素としての、天と地と人。宇宙間に存在する万物。三才。
2 三つあるものの順位を示すのに用いる語。天を最上とし、地・人の順となる。(出典:コトバハク)

まさにここに「運を開く」ための秘訣が隠されているんです。

運を開くために重要なこと


運はどこからやってくるのでしょうか?
ズバリ「天」です。

運は天からやってくる

ここで言う「天」とは宇宙のことです。

私たちは、宇宙の力によって生かされている。
神様がいらっしゃり、守護霊様がいらっしゃり、ご先祖様がいらっしゃる。

みな宇宙の力という恩恵の元、私たちが守られているからです。

「天」という言葉が真っ先につくけど、始まりを迎えるのは最後。
ゆったりと包み込む偉大さ。

この天である「宇宙」が始まりを告げる春分の日。2021年は3月20日です。

では「地」(自然界)はどうなのでしょうか?

私たちは、自分の運を切り開く力を「大地」から得ています。

天から降り注がれる「運」
私たちはそれを個々の力で、切り開かなくてはなりません。

その力を授けてくださるのが「地」ですね。

よくスピリチュアルの世界では「グラウンディング力」という言葉を使います。
まさに天から注がれた運を、個々の力で切り開くための力という事です。

2021年「地」(自然界)が始まりを告げる立春。2021年は2月3日です。

冬の土用機関(2021年1月17日~2月2日)を経て、ようやく地の気(エネルギー)は2021年仕様になります。

土用についてはこちらを参考にしてね。

土用とは?1年の中で最も運を左右する大事な期間【その理由とは】
土用とは?運を左右する大事な期間です①土用の期間②間日③土用の意味④禁忌事項⑤土用殺⑥積極的にやった方がいい事⑦引っ越しはしてもいい?土用について詳しく解説。運を左右する理由についてわかりやすく紐解きます。「土用攻略。運が安定します!」
まだ、今年の方向性が固まっていなくても大丈夫!

年の目標設定は2月3日に設定できればいいんです。

今のうちから、少しづつ定めていきましょう。

地から天へ。さらに運を開く流れが続きます!

3月20日春分の日までに、もうひとつ、大事な始まりの1日があります。
旧暦の元旦です。

旧暦の元旦2021年は、2月12日(金)新月の日です。

2021年は、立春の後で春節となるので、エネルギー的にも、ゆったり構えて進むのがベストという事になります。

風水では、立春より前に旧暦の元旦(春節)がやってくる年は「成長」できる素晴らしい年であり、仕事の発展にも良いとされています。

2021年2月12日旧暦の元旦、年神様始動開始!

私たちの意識は、カレンダーの暦と共にスタートを切りました。

ところが2021年を仕切る年神様はというと、旧暦元旦がスタート日なんです。

そこまでの間は、旧新2つの干支の力をもつそれぞれの神さまがバトンタッチをすべく、ご一緒に動かれています。

昨年の年神さまであられる「子」の力を持つ神さまと、2021年の年神さまとなられる「丑」の力を持つ神さまですね。

人・地・天と3つのエネルギーが徐々に新しい年に移行して行くように、干支の持つエネルギーもゆっくり移行していきます。

「1月1日丑年スタート」と、私たち人間が意識はするものの、エネルギー的にはここから1ヶ月と少しかけ、ゆっくりと動きます。

私はこの旧暦の元旦を、運命の元旦として捉えています。
ようやく地に足がつくといったイメージです。

まとめ2021年運を開く「4つの始まりを意識し運開き」

  • 2021年2月12日旧暦の元旦、年神様始動開始!

    私たちの意識は、カレンダーの暦と共にスタートを切りました。

    ところが2021年を仕切る年神様はというと、旧暦元旦がスタート日なんです。

    そこまでの間は、旧新2つの干支の力をもつそれぞれの神さまがバトンタッチをすべく、ご一緒に動かれています。

    昨年の年神さまであられる「子」の力を持つ神さまと、2021年の年神さまとなられる「丑」の力を持つ神さまですね。

    人・地・天と3つのエネルギーが徐々に新しい年に移行して行くように、干支の持つエネルギーもゆっくり移行していきます。

    「1月1日丑年スタート」と、私たち人間が意識はするものの、エネルギー的にはここから1ヶ月と少しかけ、ゆっくりと動きます。

    私はこの旧暦の元旦を、運命の元旦として捉えています。
    ようやく地に足がつくといったイメージです。

1月1日、幸運の始まりを意識しつつ、新年の目標を定めて行きましょう。

2月3日、定めた目標で、引き寄せ力を発揮するよう声に出して宣言を!

2月12日、欲しいもの、叶えたい夢を紙に書き出しお月さまに託します。

3月20日、新しい運の扉が開きます。どんどんチャレンジを始めましょう。

「2021年わたし史上最高の年に!4つの大事な始まりを意識し焦らず進みましょう!

こちらの記事もご参考にどうぞ

開運アイテムや縁起物の効果が見られない【実例あり】3つの原因のどれかです!
開運アイテムはお持ちですか?パワーストーンや金運財布など。知らずにいると効力発揮はおろか、運気ダウンも。開運アイテム効力発揮のために必要なポイント2019年不運の方位と注意事項について。開運コトはじめ2
タイトルとURLをコピーしました