2020年運を開く「3つの始まりを意識し運開き」

calendar Desteny

「えっ?もう年の瀬じゃない!」毎年のように繰り返す後悔。この感じなんとかしたいですよね。

こんにちは、小鳥遊明美です。
2020年はオリンピックイヤー。

躍動感ハンパありません。
人の氣(エネルギー)が上がるんですから、運を授ける「天」も「地」も!

それはそれはパワフルです。

「いやーすごい年だったなぁ。運を開いたなんてもんじゃないわ~。」
2020年の年末こそは人生初ウキウキで締めくくるとまいりましょう。

運を開くとは?言葉の意味をしっかり胸に刻もう!

ある機会をつかんで、良い状態になるようにする。出典コトバハク

  • 機会をつかむ
  • 良い状態にする

何はなくとも機会をつかむことが重要です。
「あっ、チャンスだ!」

敏感にキャッチし逃さないようにしなくちゃですね。

今すぐ「宣言」しよう!今年はチャンスを敏感に感じ取る人になる!

これで心は「チャンス」へと向きました。
続いて知っておきたい大事な3つの始まりがあります。

始まりの力を利用すると運を開く速度が上がります!

1年のうち始まりのポイントはたくさんあります。
たとえば1日もそうですね。
春、夏、秋、冬といった季節もそうです。

なかでも最もパワフルな始まりの力を持つのはやはり「元旦」です。
ところで「元旦」には3つあることをご存知でしょうか?

「天」「地」「人」それぞれに始まりがある

そうなんです。
私たち人間と宇宙、そして大地。
みんなそれぞれに始まりの日があるんですよね。

順番としてはこうです。
私たち「人」→「大地」→「宇宙」

不思議ではないですか?
始まりの順番から言えば「人・地・天」と呼ばれてもよさそうなものなのに実際には逆です。

まさにココに「運を開く」ための秘訣が隠されているんです。

運を開くために重要なこと

運はどこからやってくるのでしょうか?
ズバリ「天」です。

運は天からやってくる

もう、言い切っちゃいます。
ここで言う「天」とは宇宙のことです。

私たちは宇宙の力によって生かされているんですよね。
神様がいらっしゃり、守護霊様がいらっしゃり、ご先祖様がいらっしゃる。

これもみな宇宙の力の恩恵の元私たちが守られているからなんです。
だから「天」という言葉が真っ先につくけど、始まりを迎えるのは最後です。

ゆったりと包み込む偉大さ。

その宇宙が始まりを迎えるのは春分の日。
2020年で見ると3月20日(金)です。

では「地」はどうなのでしょうか?

私たちは自分の運を切り開く力を「大地」から得ています。

天から降り注がれる「運」を私たちは個々の力で切り開かなくてはなりません。
その力を授けてくださるのが「地」

よくスピリチュアルの世界では「グラウンディング力」という言葉を使います。
これはまさに天から注がれた運を個々の力で切り開くための力ということです。

その「地」が始まりを告げるのは「立春」です。
2020年で見ると2月4日。

冬の土用機関(2020年1月18日~2月3日)を経て、ようやく地の氣(エネルギー)は2020年仕様へと固まります。

ある意味2月4日までは方向性が固まっていなくても大丈夫ということです。
逆に言えば2月4日までには意識、行動ともに目標に向かいだして歩きだしたいということですね。

2月4日までに運を開くために何をするのかゆっくり決めていきましょう!

まだしばらく時間があります。
あせらずまいりましょ。

地から天へと更に2020年の運を開く流れはまだまだ続きます。
と言っても定めた目標は1日も早くチャレンジを始めていく方がよいです。

意外と自分にはこれくらいしか出来ないからとあきらめ、ソコソコのところを目標とする人がけっこう多いんですよね。

実際にはもっとビックな運開きのチャンスがあるというのに、自らフタをしちゃう。

そんな場合には宇宙の始まりまでに方向転換するようキッチリ「地」の氣(エネルギー)が導いてくれるんです。

早く動き出しておけば地の氣から早い応援エネルギーをチャージできると言うわけです。

2020年は春の来る年

立春より前に旧暦の元旦(春節)がやってくる年は「成長」できる素晴らしい年とされています。

2020年の場合には1月25日新月。
この日が旧暦の元旦にあたるんですよね。

あれっ?元旦がここにも!
ということは始まりは3つじゃなくて4つ?

1月25日年神様始動開始!

私たちの意識はカレンダーの暦と共にスタートを切ります。
ところが2020年の年をいざなう年神様はというと旧暦元旦スタートです。

それまでの間は昨年の年神さまであられる亥様と一緒に動かれてるんですよね。
情報を共有しスムーズにバトンタッチできるように奮闘中なんです。

カレンダーの日付か旧暦元旦か。
見解はいろいろ意見が分かれるところだと思います。

2020年は1月25日を始まりと考えると運開きにはスムーズです

氣の力はやはり1月25日の方がずっとずっと強力でパワフルです。

2020年1月 1日 意識の元旦
2020年1月25日 運命の元旦
2020年2月 4日 大地の元旦
2020年3月20日 宇宙の元旦

こんな感じでそれぞれ始まりを迎えます。
この中最も重要なポイントは3つ。

2020年1月25日「運命」の元旦
2020年2月 4日「大地」の元旦
2020年3月20日「宇宙」の元旦

なので年末忙しくてなんにも出来なかった方も全然オッケー!

1月17日までに始まりの準備を整えよう!

18日から土用に入るため、その前にということです。

必ずやっておきたいことがあります。それはアメブロで書かせていただいたこちら

「やり残し」から読み取る2つのヒント

そこにはまだ続けるべきか否かが隠れています。

  • やり残して後悔しているのなら「続けるべき」事とし目標1番とする。
  • やり残して「まぁもういいかな」と思うのなら「スパッ」とやめる。頭からはずす。

「2020年を私史上最高の年にするために」3つの大事な始まりを意識し焦らず進みましょう!

素晴らしい1年を!