フラワーレメディ(フラワーエッセンス)とは「飲んでも大丈夫?」

flower Remedy

こんにちは、小鳥遊明美です。

最初にスミマセン。
自分とレメディの出会いについて語ってしまいました。

まずは「フラワーレメディ(エッセンス)って何?」からレクチャーしなきゃですよね。


では仕切り直させていただきます!

「フラワーレメディ」とはなんぞやについて
しっかりとお話してまいりますね。

フラワーレメディ(フラワーエッセンス)とは

最適な時間に最適な方法で摘み取った花を水のはったボウルに浸し、太陽光にあててつくります。

水と光と大地の恵みたち。

素晴らしいコラボレーションの中、秘めたる花の力を引き出したもの
それが「フラワーレメディ(エッセンス)」です。

世界中あちこちで製造され、様々なレメディが誕生しています。

添加されているもの

レメディが腐らないようブランデーが添加されています。
日本では酒税法の関係もあり、ある時期からグリセリンに変更になりました。

私が初めて手にとったのはブランデーのものでした。
グリセリンに変更されたのはそれから随分経ってからです。

けれどこれがわりとよかった。
グリセリンの方が日本人には合っているみたい。

甘い味が苦手な方もいらっしゃるでしょう。
そこは悩ましいところですね。

グリセリンに変更されてから美肌へと促す力があるエッセンスは、パワーが増しました。
これは私個人の解釈ですので「へぇー」くらいの受け止め方でどうぞ。

美肌づくりに用いる方法などは、追々お話していきますね!

グリセリンの安全性

添加されているのは、ヤシなどから得た植物性のグリセリンです。
油なんですよね。

飲用の安全性について調べていたらちょっとびっくり。
イチジク浣腸は水にグリセリンを加えたものなんですね!
(知らないかったのはワタシだけかも?…)

ということは大量に飲用すればお腹を下しそうですね

大量に飲んでも効果は高まりません

昔お客様でいらしたんですよ。
「1本一気飲みしました!」という方が。

1本まるごと飲んだら効くと思ったんですって!

ユンケルとかアリナミンとか。
あのようなドリンクと勘違いされたようです。

でもお腹はくださなかったご様子。
よほど大量に飲まない限り心配なさそうですね。

ちなみにここ1年、フラワーレメディの手法をレクチャーしようと再検証実験を続けていました。
その日の体調や気持ちの動きで大量飲用。

数種類の組み合わせですが、およそ1日で1本弱は飲んでいるんじゃないかと。

特に体調に変化はありませんでした。
いや、逆に元気です!

注)私は特異体質ゆえ、皆様は決してマネしないように。

しかしながら、通常こんなに飲む人はいません。
量を飲んでも効果は関係ありませんし。

多めに飲む方でも1日せいぜい瓶1/5くらいの量かしら。
10ミリ入の瓶ですから、スプーン小さじ1杯程度なイメージでしょうか。

普通はもっと少ないです。

数回に分け、1日かけ飲用します。
なのでまったく心配はいりません。

残念ながら植物性グリセリン飲用の安全性について
はっきり言い切っている記述をみつける事ができませんでした。

お菓子などにも添加されているものですから、私たちは知らぬまに口にしています。

心配な場合はブランデータイプの方が良いかも知れません。

少量とは言えアルコールです。
そこはご注意を。

バッチフラワーレメディについて

色々試しました。
試した結果、バッチフラワーレメディ1本に決めました。

確かに他にもたくさん良いレメディがあります。
ただ、レメディ同士の相性もある。

バッチレメディだけで「38種類」もあるんです。
そこからできる組み合わせは無限なんですよね。

「バッチフラワーレメディ」は、1930年代に英国の医師エドワード・バッチ博士によって開発された、心や感情のバランスを取り戻すための自然療法です。 38種のバッチフラワーレメディの指標にある「ネガティブな状態」の中から、今の自分の心や感情の状態に当てはまるものを1~7種類まで選び、必要量を 飲むことで内面に調和がもたらされることが期待できます。
心や感情のバランスを保つことが、身体の健康へも繋がると考えたバッチ博士が発見したこのシステムは、70年以上もの間、世界中で活用されています。 赤ちゃんからお年寄りまで安心して使用することができ、動物や植物にも利用できるバッチフラワーレメディは、長年の実績で裏付けられた優れた癒しの システムとして、現在では60ヶ国以上の国々で医師や看護師、獣医などにも使用されています。また、5種類のレメディがミックスされている緊急時用の「レスキューレメディ」は、緊張時や強いショック状態の時などに使え、英国王室、芸能人やモデルなど、人前に立つ事の多い方々にも愛用されています。​出典:一般社団法人バッチホリスティック研究会

70年以上、60カ国と書いてありますが、この記述は私がプラクティショナー資格を取得しようとしていた時代から変わっていません。

少なくともあれから28年経過してます。
ということは、88年以上もの間、世界中で愛されているということですね。

ちなみにレスキューレメディーは、確かバッチ博士が最後に考案したものだと記憶しています。
なんでも海で遭難した船員さんを助けるためにと。

レスキューレメディーは本当に奥が深いです。
実際にどう飲用するといいのかなどについても追々お話をさせていただきますね。

フラワーレメディ(エッセンス)飲んで大丈夫?

大丈夫です!
なにせ私30年もの間飲み続けています。
この仕事を始めるきっかけも「エッセンス処方」です。

小さなお子様からワンちゃんなどのペットまで。
様々な方にお勧めし、この目で結果を見てきました。

飲んでも大丈夫です!
フラワーレメディによるトラブルは起きていません。

ただし飲むのが不安な方は飲用をお勧めしません。
飲むことがストレスになってしまったら大変ですもの。

次回は「フラワーレメディ怪しくない?」をテーマに実例を交えて解説していきますね。

人気記事スモールビジネス(個人事業・副業)の始め方

人気記事運命を変えるセルフケア 小鳥遊明美のはぴねすラジオ