気とは何か?人生を上手く回すためのツールです!

こんにちは、小鳥遊です。

気功歴35年です。
2人の師匠の元学びました。

いわゆる気功師さんとは少し異なる手法を用いて施術に活かしてます。

ところで、そもそも「気」とは何か?おわかりになりますか?
目に見えないし、ちょっと怪しいですよね。

けれど「気」は私たちになくてはならないものです。
生命そのものと言ってもいいくらい。

「気」とは何か?
知っていると知らないとでは、まったく人生が変わってきます。

「気」は上手に動かす事で、あなたの強い味方になってくれます。
引き寄せにも関わっていることをご存知ですか?

気とは何か?人生が上手く回るツールです!


上手く使いこなす事が出来れば、心身ともに元気で、思い通りに楽しく過ごすことが出来ます!

幸せな人生は「気」を知る事から始まります!

なぜなら「気」は生命そのものであり、私たちを動かすエンジンです。

考える、動く、遊ぶ、仕事をする

何気なくしている毎日の行動もすべて「気」というエネルギーあってのものなんですよね。

気とは生命エネルギーです


植物や動物たちにも!命あるものすべてに宿っています。

私たちは人間は酸素を吸って、二酸化炭素を排出していますよね。
実際には二酸化炭素も取り入れていますが、ここでは省略します。

この酸素も実は「気」です。
空気という「気」を吸って、私たちは呼吸をしています。

「気」とつく文字がこんなにある!

殺気、根気、陽気、陰気、妖気、気がつく、気が利く、気前が良い、気分、気が合わない、気が知れない、短気、呑気、無邪気、気性、気象、気流、外気、大気、天気、勇気、狂気、人気、不人気、弱気、強気、本気、気概、覇気、景気

ざっと思い出しただけでも、これだけあります。
性格や感情を表したり、自然の流れをさしていたり。

「気」というものの存在がとても重要である事は、ここからも想像できます。

「気」をイメージにするには?


血液循環をイメージしてみましょう。

「血液」はどうやって進路を間違える事なく、流れているのでしょうか。

それを可能にしているのも「気」が関係しています。

・血液を流す、お手伝いをしている
・循環を一手に、引き受けている

それが「気」というエネルギーなのです。

私たちは日々食事をし、排泄しています

なぜ、口から入った食べ物が、順序を間違えることはありません。
さらに、途中で栄養を吸収したり。

悪いものを浄化したり出来るのでしょうか?

この作業を助っ人するのも「気」の役割です。

「気」が「生命エネルギー」であると言われているのは、ここに理由があるのですよね。

消化も呼吸も循環も、心臓動かすことも。
すべては「気」というエネルギーの助けあっての事なのです。

とはいえ目には見えませんから、ちょっと胡散臭いですね。

この世は不思議で出来ている

私たちがこの世に生まれてきた事、今ここに存在している事すべてが不思議です。

太陽の光が私たちを癒し、健康をサポートしてくれている事。

夜になると月が出てあたりを照らし、まるで安全を見守ってくれているようである事。

星たちがきらめいて、癒やしてくれる事。

こうして不思議を挙げていったらきりがないくらい。
私たち自身の存在そのものが神秘的で素敵だと思いませんか?

「気」が人生を上手く回すためのツールである理由

そこには「オーラ」との関係があります。

実は「オーラ」もまた「気」なのです。

簡単に区分けをすると、体の中を巡る「気」は私たちの生命を維持するためのもの。

一方私たちの体の外側を取り巻いている「気」が「オーラ」となります。

オーラは、情報の発信基地とも呼ばれます。

私たちそれぞれが今どんな状態なのか。
体、心、気分、欲しいものまで外へと発信しています。

私という存在そのもの、ありとあらゆる個人情報を発信しているんですよね。

何のために?

理由は色々ありますが、最も重要な事は「引き寄せ」のためです。

類友言う言葉通り、あなたと同じエネルギーを引き寄せ、あなたが欲しているものを引き寄せる。

そのために、あなたという情報を外へ発信するのです。

またそれだけではありません。

守護霊様、ご先祖様へ向け、今あなたがどのような状況で、どんな事を欲しているのかをお伝えします。

ここが「気」というものの奥深さですね。

情報発信を行いながら、引き寄せる。
また、外敵(よくない影響)を素早く察知するという、探知機としての役割も担います。

私たちは「気」に守られ「気」によって生かされているのです。

そして実は「気」には、人それぞれ持って生まれた「量」があるのです。

「病は気から」意味と実際に起きている事【自分の気量を知ろう!】

「気」は生命エネルギーであり、引き寄せのツールである

こちらも参考にどうぞ

「チャクラとは」実在しているの?正体は?

関連記事