スモールビジネスのアイディア構想における3ケ条

Small business

こんにちは小鳥遊明美です。
ビジネスのアイデアを考える時、何か気をつけている事はありますか?

「頭の片隅に置きながら考えると、それがあなたにとって成功をもたらすアイディアかどうか判断がつきやすいですよ」

クライアントさんにアドバイスしている、3つのポイントがあります。

スモールビジネスのアイディア 考える前に大切な3つのポイント

先に結論から申し上げると、この3つです。

  • 1.確信
  • 2.情熱
  • 3.実現力

それぞれについて詳しく解説する前に、アイディアの種類について考えて行きたいと思います。

このサイトで云う「スモールビジネス」とは、自分の才能や特技を活かし、いわば自分の身ひとつで仕事をしているフリーランスの方。また副業と言うカテゴリーも含め、個人(数名)で運営するビジネス全般を指しています。

アイディアには2つの種類がある

ひとつは「ひらめき」です。
突然「!」と湧いてくるアイディア。

一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

ひらめくのですから、止めることは出来ません。
なので今回こちらのタイプには触れません。

気をつけたいのはもうひとつのものです。
「考えて」「知恵をしぼって」出すアイディアです。

と言っても「アイディア」自体が悪いという事ではありません。
どうぞここは勘違いなさらないように。

注意したいのは「アイディア」を実行に移す過程なんです。

アイディアを実行に移す過程で大切なこと


これまでお会いしたお客様の中には、動きながら都度修正。
そうして実行していくタイプの方も多い。

実際にこれまではその方法を推奨していました。

実は私自身もこのタイプです。
進みながら修正し、だめなら方向転換。

途中リタイアという事もたくさんありました。

しかしながら東日本大震災後、状況は一変。

人の流れも、気持ちも、更にはエネルギーも。
すべてが変わりました。

中でも変化したのは「価値観」です。
モノよりコト。

持っているのをよしとした時代から、持たない事が良いという時代へ

それでも売れるものは売れます。
ただその売れている期間、サイクルの変化はそれまでよりずっと早くなってきたように感じます。

更にここからは「スピード」の時代です。
サイクルはもっと早まり、自然災害の問題もあり、コロナの問題もあり。

これまでよりもずっと「見通し」が効かない時代に突入です。

小さなビジネスを手掛ける私達は時間を無駄にすることなく、見えないながらも未来を見据え、前進して行かなくてはなりません。

そこで最初にお伝えした「3つの事」が重要なキーワードとなるんです。

スモールビジネスのアイディアを考えるときに


成功するビジネスのアイディアと言っても、もちろん実際のところはやってみないとわかりません。

時代の流れがこれだけ早く、読めない時代に入りましたから、尚更厳しいことは確かです。

だからこそ、アイディアを考える時に「確信」「情熱」「実行力」の3点を確認したいんです。
それによって無駄な時間も労力も省略できるからです。

3つのポイント1「確信」

    そのアイデアを形にするために、あなたの大事な「時間」と「労力」を費やすことができますか?

ここで云う「確信」とは、あなたの覚悟のことです。

これまで以上に「自分の時間」は大切です。
外出自粛、緊急事態宣言を経験したことで、きっとお感じになっていらっしゃる事と思います。

おか迷わず「YES」ならきっと、そのアイディアは成功するに違いありません。

3つのポイント2「情熱」とは

    借り入れやクラウドファンディングを想定する場合、そこにかける情熱はありますか?エネルギーをすべて注ぎ込んでもやり遂げたいと思いますか?

ここで云う「情熱」とは、準備にかける熱量のことです。

自分の身の丈で行うことができるのであれば、この問いかけはクリアです。
ここで注意したいのは、身の丈以上のものを必要とするビジネスです。

借り入れをするのは悪いことではありません。
むしろビジネスを育てて行きたいと考えるのであれば、借り入れてでも行うべきだと考えます。

ただ、ここからまだまだやってくるだろう自然との闘いに打ち勝つには、強い「情熱」という力が必要です。
躊躇するのであれば、待ちの案件として次のアイディア構想に取り掛かることをお勧めします。

3つのポイント3「実行力」とは

    「既にそのビジネスはあるものでしょうか?」「あなたが手がけた時には、飽和状態に陥っていると言う事は無いでしょうか?」

このように、ここで云う「実行力」とは、あなたが実行する力のことではありません。

そのビジネスが実力を発揮するステージがあるかどうか?
要するにそのアイディア自体が活躍できる場が残っているかどうかです。

アイディアを考えながら自分に問いかけてみましょう。
答えがみえてくるはずです。

アイディアが成功する要因


どんなにアイディアが素晴らしくても、それを実際に行うときの方法が間違っていれば、残念ながら成功しません。

なので先にアイディアに対し、実際に実現する際の状態を想定して考えていく事をお勧めします。

ビジネスの希望により、成功するアイディアの条件は変わってきます。
ここでは、1人、あなた自身が手がけるものであると言うことを想定して考えています。

参考になりましたでしょうか。
大事なあなたの時間もお金もエネルギーも無駄にする事なく、前進していただきたいと心より願っています。

人気記事スモールビジネス(個人事業・副業)の始め方

人気記事運命を変えるセルフケア 小鳥遊明美のはぴねすラジオ